ヒプノセラピー(催眠療法)とは

ヒプノセラピー(催眠療法)という言葉を、今までに聞いた事がありますか?

Googleでヒプノセラピーと検索をすると、アメリカでは実に125万件がヒットします。対する日本は8万件弱、1/15程度に下がります。アメリカではメジャーな治療法として確立していますので、郵便局と同じくらいの数のセラピールームがあると言われています。医療崩壊が起きているので簡単にはお医者様にかかれず、病院に行くまえにまずはカウンセリングやヒプノセラピーを受ける事が一般化しているのです。海外映画では、よくカウンセラーに話を聞いてもらっているシーンがありますね。カウンセリングやセラピーは、今や当たり前の時代となっております。

日本では催眠というと、TVでの「ショー催眠」のおかげで怪しいイメージが先行してしまい、良いイメージが湧きづらいかもしれません。バタンと倒れて昏睡状態になってしまうのではないか、自分の意思とは関係なく動かされるのではないか、そんなご不安がある人も多いようです。しかしあれは本来の催眠とは異なります。本来の催眠は、不安とは全く無縁でありとても安全なものです。

そもそも催眠状態というものはごく日常的なものであり、人間だれしもが毎日経験しているものなのです。例えば、寝に落ちる前・朝の起きがけの1日2回は必ず催眠状態になっています。特別なことではなく、ごくごく当たり前のことなのです。

こういった「意識」が働いていない状態を意図的に作り出し、意識の干渉を受けていない状態で潜在意識に暗示を入れることを催眠療法と言い、潜在意識の書き換えをする事ができます。上記のように当たり前のことですので、催眠状態であっても当たり前に喋ることはできますし、体も動かせます。暗示は嫌なものを拒否する事ができますし、催眠状態からはいつでも自分の意思で覚醒する事ができます。

ソライロでは主にノンバーバルヒプノセラピー(言語を使わない催眠療法)を扱っております。言葉を使わずに直接潜在意識に働きかけるので、言語催眠や自己催眠の効果が出にくい方にも施術が可能です。過去に一般的なヒプノセラピーをお受けになって効果がなかった方にも結果が出るので、大変ご好評いただいております。また、遠隔での施術ができますので、遠方にお住まいの方にもお受けいただけます。

まずは無料相談にて、一度ヒプノセラピーを体験をしてみてください。無理な勧誘はしておりませんので、お気軽にお申し込みください。

 

無料相談&体験セラピーのお申込み

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存