チャンスの掴み方

最近、甥っ子姪っ子をはじめ赤ちゃんに触れる機会が多いのですが、ソライロの会員様がご結婚ごにお子様を授かる機会もあるかもしれないと思うと、とても感慨深いものがあるなぁと感じている今日この頃です。みなさまいかがお過ごしでしょうか?

先日、残念ながらチャンスを逃している方にお会いしました。
悩んでいるだけで全く動かず、時間やお金を目先の快楽に「消費」してしまっていて、本来欲しいものをうやむやにしたままなので「投資」ができず、しかもこの「消費」と「投資」を混同していたので、さらに動けなくなっているという悪循環になっていたのです。こういう方は意外と多く、しかもそれを指摘されたとしてもなんとなく良くないことは分かったとしても、根底の危険的な状態は理解できないでいらっしゃる印象です。現状を把握し、希望する未来をまっすぐに見たときに、何がチャンスであるかの判別ができるようになります。(そもそも日常が全てチャンスの連続ではあるのですが…。)何がチャンスなのかが分かっていないとしたら、チャンスがあることすら気づけません。そうなると、ただ同じ毎日が繰り返されるという、見えない牢獄に自ら身を置いてしまうことになるのです。

チャンスを掴む方は「行動」をしています。しかも、そのスピードが早いです。フットワークの軽さと判断力は大切です。

例えば、恋愛でしたらチャンスをつかめるのはこんな方です。
・身だしなみを”常に”整える
・話題を常にいくつかストックしておく
・異性がいそうな場所に出向いてみる
・周りの既婚者などの良い話や参考になる話を聞いてみる
・物事の楽しみや人の良い所を積極的に見つけることができる
・相手に興味を持って接することができる

チャンスを逃してしまう方の特徴はこうなります。
・自分の身なりに無頓着
・生活がマンネリ化してしまっている
・同性の友達と遊ぶことが多い
・自分の生活費を把握できていない
・選択において妥協が多い
・自分のことにしか興味がない

当たり前のことばかりに見えますが、一目瞭然ですね。

チャンスを掴むには、悩む前に行動をして、行動をしてから軌道修正をするのが正しい作法です。やってみて違うと思ったら別の方法を試せばいいだけなのです。何をやっても間違いや失敗はなく、経験から学ぶというプラスが起きています。もしこれが延々と悩み続けていたら、同じ場所でずっと足踏みをして停滞します。時間が流れていくという概念があるこの世界において、停滞は+-ゼロではなく、マイナスです。

もう一度申し上げますが、間違いや失敗はプラスです。恐れる必要はないのです。いまの状態から抜け出すには、まず動くこと。悩んでいて始まることは何ひとつ無いのですから、自らチャンスを掴みにほんの少しでも動いてみませんか?自分の未来のためにこそ、今できる行動に目を向けて行きましょう。

コメントを残す