常識を超えていく


 
無事にバリ島から帰国しました。
私が到着する日を挟んで3日間、ちょうど山間地域のウブドでロイヤルウエディングがあったそうです。移動した先の海辺では、吸い込まれるような夕日を背景にウエディングフォトを撮影しているカップルもいました。翌日、誰も通らない路地裏のカフェで、早朝に同じカップルが撮影しているところに出くわした時には本当に驚きました。私はとことんご結婚にご縁があるようです。パワーチャージも完了しましたので、みなさまにもおすそ分けできますように!

さて、海外旅行に行くと日本の常識が通じないことへの驚きとともに、いかに自分が「常識」に縛られて不自由にいきてたかを痛感させられます。海外に行って、人が変わったようにおおらかで明るく自由に生き始める方が多いのは、自分の知らない世界を肌身で体験することで常識のタガが外れたからです。自分が持っている常識や観念、固定概念やトラウマを「潜在意識のブロック」と呼んでいますが、このブロックを外すことで本来の自由な自分になることができます。

「〜しなければならない」
「〜じゃなければならない」
といった制限を自分自身にかけていませんか?

この「ねばならない」によって他人を許せなくなり自分も許せない状態は、一見当たり前にして過ごしてしまっていますが、実際は双方にとって大変辛いものです。あなたが「ねばならない理由」はなんでしょうか?それをしないとどうなってしまうのでしょうか?自分に制限をかけて苦しませているそれは、本当に必要なものでしょうか?こうしたブロックが恋愛や人間関係がうまくいかないことはとても多いのです。ここに気づいて外してあげると、あなたがもっと自由になれて、さらにはスルスルっと現実が良い方向へと動き出します。

例えば、「美人でないとモテない」「家事ができないと結婚できない」ですとか、「高身長でないとモテない」「高収入でないと結婚できない」というのはわかりやすい固定概念であり、自分の中に埋め込んでしまった常識ですね。または、女性でしたら彼氏に対して「わがままを言ってはいけない」とか、男性でしたら彼女に対して「男だから自分が我慢するべきだ」といったような気持ちになった覚えはありませんか?これらは意識上にある強い思いですが、実際には潜在意識の中に根深い原因があります。潜在意識を掘り下げて、原因を見つけて解消すると、わがままではなく自分の意見をいうことができますし、我慢をするのではなくきちんと話し合いをして解決をしたりすることができるようになってきます。自分が制限されることなく、のびのびと生きられて愛される現実が起こるのです。

常識ってなんなのでしょうか?当たり前にしてしまっていることに疑問をぶつけて、あなたの潜在意識のブロックを外していきませんか?常識を超えて、制限がなく自由な世界ではあなたの願いが叶います。素敵な出会いやパートナーシップのためにこそ、自分自身を自由にしていきましょう。

ロイヤルウエディングのPOPな看板。かわいい♡

コメントを残す