起こるべくして起こること

Blogの記事を結構長くかけていたのに、いざ保存しようしようとしたら何かのエラーで保存ができていませんでした。。。残念ながら、下書きすら残っていません。文を書くのが苦手な私にとって、ひどく落ち込む出来事です。何も書く気が起きません。笑 でも、あえて書いてみようと思います。

こんなふうに自分以外の何かに、いっけん邪魔されているようなことが起きるこ時があります。そんな時は、怒ったり悲しんだりしても良いですが、なんでこれが起きたのかな?と一度出来事から離れて客観視すると良かったりします。

今回私が書いたBlogが消えたのは、私が「書かなきゃいけない」という強迫観念なようなものを持って書いていたからでした。そういう感情は文にも乗りますし、それに気づかせてくれたのですね。やりたいからやる、というのが今の私にとって大切なことなのですが、それがいつの間にか「しなければならない」という観念に変わっていたようです。

やりたくないらならやらなくていいのです。一般常識やマーケティングといった固定概念上では、どのくらいのペースでどんな記事を書くべき、というノウハウがあるようですが、私はそもそもお客様を増やすためにやっているわけではありません。小さくても誰かが幸せに気づけるきっかけづくりになればと思って、自分の思考のアウトプットがてら始めたのでした。結婚相談所が書いている記事とは思えないようなものも多いかもしれませんが、全て道は繋がっているのです。

こうやって「なぜやるのか」という初心に帰ると、自分のやりたいことが改めて見えてきます。やりたい気持ちに向き合って行動をしていると、努力や頑張りという言葉は出てきません。だって、やりたいことですから。

書いていた記事が消えたことは、ただのシステムエラーだと見がちですが、出来事が起こるのには何かしらの理由があります。自分の感情が大きく揺れ動くようなショックな出来事や、驚きや悲しみ、そんなことが起きた時には、一度自分を振り返ってみると今の自分にとって必要なことや大切なことが見えてくるかもしれません。ぜひ一度立ち止まって、どうして起きたのかな?と見てみてくださいね。

コメントを残す