「NOと言えない人」の潜在意識とは?

あなたは、嫌なことは嫌と言えていますか?ここを読んでいる方は優しく繊細な方が多いので、人の誘いやお願い、要求を断れない人が多いかもしれません。

人はツライことや苦しいことがあったとしても我慢して受け入れる努力をすべきと思いがちです。ですが、ほんらい努力をすべきなのは、「嫌なことをNOということ」です。

そうは言っても難しい!という声が聞こえてきそうですが、ではなぜNOと言えないのかは潜在意識のブロックが絡んできます。

異性とお付き合いする時や、人とコミュニケーションをとる時に、あなたにはこんな思いがありませんか?

・NOと言ってはいけない
・NOと言ったら嫌われるかもしれない
・NOと言うのはは相手に悪いことだ
・NOと言うのは失礼だ
・NOと言うのはワガママだ

このあたりの潜在意識のブロックを消してあげると、NOを言えるようになりますし、NOを言っても嫌われることなくスムーズな人間関係が構築できたりします。

これはやってみないことには分からないと思いますが、意を決して「NO」を言ってみるとすんなり受け入れてもらえたり、関係性が良くなったりと良いことが起きるものです。

自分でできる方法としては、まずはブロックがあることを認識して、ちょっと怖いですがリスクをとって「NO」と言う行動をしてみることです。断りやすそうな小さなものからだんだんと慣れていってみてくださいね。とても生きやすくなり、愛されますよ!

ちなみに、当社のセラピーで潜在意識の書き換えをすると、そもそもNOを言うことが怖く無くなったりしますし、NOに対する拒否感が無くなったり、すんなりとNOが言えるようになったりします。

自分でチャレンジをしていくのはなかなか難しいので、人の手を頼ることもしてみてくださいね。気になる方はお気軽にお問い合わせ下さい。

コメントを残す